Main menu:

Posted: 2011/05/09

CKD (慢性腎臓病)

世間でよく耳にするようになったCKDとは慢性腎臓病のことです。
採尿でわかる尿所見の異常(主として蛋白尿)か、採血でわかる腎臓のろ過機能の低下があり、一定期間(3ヶ月)以上続く場合、CKDということになります。CKDは成人の8人に1人の割合で存在するとされ、その潜在患者数の多さに俄然重要度が増しています。CKDには糖尿病や高血圧などがその原因となる場合や腎臓そのものに原因がある場合がありますが、腎臓病が進行すると他の主要臓器に悪影響を及ぼし、さらにこのことがまた腎臓病を悪化させる要因ともなります。

東京都福祉保健局のホームページに、ウェブサイト「ほっとけないぞ!CKD(慢性腎臓病)」 があります。ご自身のCKDステージをチェックし、CKDについて知識を深めて頂ければ、と考えます。